女医~繭~の言いたい放題
医師、医学、医療、政治、経済、育児、外国為替取引など、いろいろなことに女医~繭~が愚痴ったり好き放題言い放つブログです。 女医繭奈のお気楽な医療日記からの移転です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
美容外科の先生と話そう3
しみ、ほくろ
レーザーでほくろなんぞは一撃で取れるそうです。綺麗にするには何回かいるそうですけど。あざやシミなどもなんとかなるそうですよ。まあ、受ける前に悪性のものでないかとか、皮膚の状態を正確に診断した上でやるべきだそうですけどね。

個人的にはわたくし、顔に結構目立つほくろがあるんですね。(写真では消しちゃってますけどw)若いころは嫌だったけど最近はなんだか可愛くなって消すのもういいかなぁって気分になっちゃいました。
あと、鼻の頭に傷が少しあったのもちょっとコンプレックスだったのだけれど、、、知らない間に消えちゃいましたねw。
消えたことに気づいてなくて、ある日気づいて思わず叫けんじゃいました。


美容外科の先生と話そう3
しみ、ほくろ
レーザーでほくろなんぞは一撃で取れるそうです。綺麗にするには何回かいるそうですけど。あざやシミなどもなんとかなるそうですよ。まあ、受ける前に悪性のものでないかとか、皮膚の状態を正確に診断した上でやるべきだそうですけどね。

個人的にはわたくし、顔に結構目立つほくろがあるんですね。(写真では消しちゃってますけどw)若いころは嫌だったけど最近はなんだか可愛くなって消すのもういいかなぁって気分になっちゃいました。
あと、鼻の頭に傷が少しあったのもちょっとコンプレックスだったのだけれど、、、知らない間に消えちゃいましたねw。
消えたことに気づいてなくて、ある日気づいて思わず叫けんじゃいました。

美容外科の先生と話そう2
近視
レーザーで水晶体?角膜(どちらか忘れた)に切開を入れて屈折率を変えることで近視をよくするという治療です。
結構トップアスリートの方が受けてますよね。結構眼科医ではなくてもやっているところが多いそうですけれど(専門医でなくても手技そのものは出来るらしい)やっぱり専門家のほうがいいそう。。。
で、昔は失敗して遠視になったりまぶしくて仕方がないといったこともあったそうですが、最近は比較的安全に簡単に出来てしまうらしいです。メガネ、コンタクトの方で受けた方は人生変わるそうですよ。
でも、もうすぐ、コンタクトみたいな矯正器具を入れることで屈折率を変えることができるといった治療もでてくるそうで、それだと切ったりしないから副作用もない?そうで、、、安全だったら高くてもやってみようかなと思う私でした。
ま、コンタクトも出来ない私には無理かw。


美容外科の先生と話そう2
近視
レーザーで水晶体?角膜(どちらか忘れた)に切開を入れて屈折率を変えることで近視をよくするという治療です。
結構トップアスリートの方が受けてますよね。結構眼科医ではなくてもやっているところが多いそうですけれど(専門医でなくても手技そのものは出来るらしい)やっぱり専門家のほうがいいそう。。。
で、昔は失敗して遠視になったりまぶしくて仕方がないといったこともあったそうですが、最近は比較的安全に簡単に出来てしまうらしいです。メガネ、コンタクトの方で受けた方は人生変わるそうですよ。
でも、もうすぐ、コンタクトみたいな矯正器具を入れることで屈折率を変えることができるといった治療もでてくるそうで、それだと切ったりしないから副作用もない?そうで、、、安全だったら高くてもやってみようかなと思う私でした。
ま、コンタクトも出来ない私には無理かw。

美容外科の先生と話そう1
お友達に美容整形をやっている人がいるのでちょっと聞いてみました。

禿(ハゲ)
いわゆる、ハゲですけど、美容成形的には毛の移植になりますね。
完全に禿げている人はどうしようもないのですけど、特に有望なのがてっぺんはげだそうです。後頭部の髪の毛は成長の勢いがよいそうです。さて、どうするのかといえば、説明を聞いても今ひとつ解りにくかったのですが、要するに、髪の毛を皮膚、毛根ごと数センチ切り取ってそれを一本分ずつしっかりと禿げている部分に移植するそうです。
何がすばらしいって、移植した髪の毛は一旦は抜けてしまうのですが90%くらいは生着してまたしっかりと生えてくるそうです。
生着率がいいので、結構お勧めだそうですよ。
値段は数百万はするそうですけど、かつらをいくつも持つなどのことを考えれば、手間も含めて安いかもだそうです。
心配するならやってみようって感じでしたねw。


美容外科の先生と話そう1
お友達に美容整形をやっている人がいるのでちょっと聞いてみました。

禿(ハゲ)
いわゆる、ハゲですけど、美容成形的には毛の移植になりますね。
完全に禿げている人はどうしようもないのですけど、特に有望なのがてっぺんはげだそうです。後頭部の髪の毛は成長の勢いがよいそうです。さて、どうするのかといえば、説明を聞いても今ひとつ解りにくかったのですが、要するに、髪の毛を皮膚、毛根ごと数センチ切り取ってそれを一本分ずつしっかりと禿げている部分に移植するそうです。
何がすばらしいって、移植した髪の毛は一旦は抜けてしまうのですが90%くらいは生着してまたしっかりと生えてくるそうです。
生着率がいいので、結構お勧めだそうですよ。
値段は数百万はするそうですけど、かつらをいくつも持つなどのことを考えれば、手間も含めて安いかもだそうです。
心配するならやってみようって感じでしたねw。

医療ねた脱線 2
みなさん、大衆薬(いわゆる市販の風邪薬や胃薬、目薬なんかを自分で購入する際に店にいらっしゃる(はずの)薬剤師さんに相談して買われてます?。私は薬嫌いなんであんまり使ったことはないんですけども(最近は仕事が仕事なので医者にしか処方してもらいませんけども)(まあ、名前借りて自分で出すんですけど)

薬がなぜコンビニなんかで買えないか知ってます?薬剤師、医師の指導がないと買えないからなんですね。
っていうか、指導や説明なんて受けて買うことあんまりないですよね。コマーシャルとかみてこれかなあって感じで買いませんか?。深夜に痛くなる、熱が出る、などで手軽に薬が手に入ればなんて思うことはないでしょう?。お偉いさん的には深夜休日に薬が必要なくらいの症状の場合は病院にみてもらえってことらしいです。でも、少しおかしくない?。休日診療なんかで診てもらっても休みの分の最小限の薬しかもらえず、必ずもう一度医者にみてもらってねって説明されますよね。

薬のアレルギーやらが専門家の処方でないと心配だっていうのが気軽に売れない理由らしいですけど、重症薬疹の例、例えば中毒性表皮壊死融解症(TEN)やstevens-Johnson syndrome(SJS) などの病名すら知らない薬剤師さんも結構いるとかで。 っていうか軽度の薬疹なんて薬疹かなあってくらいで決定的な証拠に基づいて診察診断してるわけじゃなく、体調、薬と食事なんかのあわせがたまたま悪かったり病気そのものの症状だったりで、まあ、薬とりあえず止めてみてよくなるんならそうかなっていう程度ですしね。

ほかにも薬の副作用なんていっぱいありますし、かなり専門知識を要する副作用もありますし、そんなのをすべて理解して販売している薬局なんてないと思うし。胃薬で胃が痛くなるなんてこともあるしね。

最後にアメリカではあらゆる薬の処方には医者の処方箋が必要だとか。
薬局で数時間待たされるなんてざらだそうですよ。
だからサプリメント流行るんでしょうね。

と、書いていると薬夜間など販売、条件付きで緩和だそうです。(新聞より)
条件厳しいけど、、、。

医療ねた脱線 2
みなさん、大衆薬(いわゆる市販の風邪薬や胃薬、目薬なんかを自分で購入する際に店にいらっしゃる(はずの)薬剤師さんに相談して買われてます?。私は薬嫌いなんであんまり使ったことはないんですけども(最近は仕事が仕事なので医者にしか処方してもらいませんけども)(まあ、名前借りて自分で出すんですけど)

薬がなぜコンビニなんかで買えないか知ってます?薬剤師、医師の指導がないと買えないからなんですね。
っていうか、指導や説明なんて受けて買うことあんまりないですよね。コマーシャルとかみてこれかなあって感じで買いませんか?。深夜に痛くなる、熱が出る、などで手軽に薬が手に入ればなんて思うことはないでしょう?。お偉いさん的には深夜休日に薬が必要なくらいの症状の場合は病院にみてもらえってことらしいです。でも、少しおかしくない?。休日診療なんかで診てもらっても休みの分の最小限の薬しかもらえず、必ずもう一度医者にみてもらってねって説明されますよね。

薬のアレルギーやらが専門家の処方でないと心配だっていうのが気軽に売れない理由らしいですけど、重症薬疹の例、例えば中毒性表皮壊死融解症(TEN)やstevens-Johnson syndrome(SJS) などの病名すら知らない薬剤師さんも結構いるとかで。 っていうか軽度の薬疹なんて薬疹かなあってくらいで決定的な証拠に基づいて診察診断してるわけじゃなく、体調、薬と食事なんかのあわせがたまたま悪かったり病気そのものの症状だったりで、まあ、薬とりあえず止めてみてよくなるんならそうかなっていう程度ですしね。

ほかにも薬の副作用なんていっぱいありますし、かなり専門知識を要する副作用もありますし、そんなのをすべて理解して販売している薬局なんてないと思うし。胃薬で胃が痛くなるなんてこともあるしね。

最後にアメリカではあらゆる薬の処方には医者の処方箋が必要だとか。
薬局で数時間待たされるなんてざらだそうですよ。
だからサプリメント流行るんでしょうね。

と、書いていると薬夜間など販売、条件付きで緩和だそうです。(新聞より)
条件厳しいけど、、、。
医療事故シリーズその4
医療事故というほどではないのですけれど。
コレを読んでいる皆さんは多分若いのであんまり経験ないでしょうけれど、点滴ってありますよね。途中で漏れたって経験あります?結構痛い(らしい)のですが、文句いう方は言われますね。あと、採血何度も失敗された経験とかならどうですか?。まあ、失敗も漏れるのもあなたの血管が細い(悪い)からなんですけど(強気w)、文句言いたい気になるのもよくわかりますよ。皆さんは許してあげてね。

で、他に採血絡みで多いのは神経引っ掛けて手の先に痺れがきたりとか、止血不十分で内出血起こしたりとかですね。痺れは本人の症状しかわからないことなので、訴えがあればそれなりに対応させていただくしかないんですけどね。

最後に一番嫌なのが化学療法の薬(いわゆる抗がん剤など)が漏れたときですね。
ステロイド局注やら軟膏塗布やらいろいろしますけど、自分が処置して漏れると皮膚トラブル悪化しないかドキドキものです。ひどい場合などは組織壊死を起こしますし。
幸い私の周りではひどい状態になったケースはないですけどね。しっかり漏れた時の対応も勉強しておかねばということですね。

最後に医者で結構多い(らしい)のですが採血やら血管確保やらで失敗しても謝りもせず黙々とやり直す方がホントに多いとか。患者として怖いよねなんだかね。
まあ、患者の血管がいかに最悪wだったとしても失敗したら謝ろうw。ね、ドクター。

私は採血(されるほうね)で3度ほど迷走神経反射で倒れたことのある人です。
さすがに最近は倒れることはなくなりましたけどね。いやだよね、採血。
幸い血管も確保しやすいので失敗されることはないんですけれどね、私は。
一度も自分に針が刺さっているのを見たことはないです(だって見ると多分倒れるw)。

ま、痛くない採血の方法(呼吸とあわせる他他)等もあるけど、実際どうなんだろ。
とりあえず一発ゲッチューを目指してますw。
あと、、、痛い採血の仕方なんていうのもある、、、。どうするかは絶対教えない(フフフw)

ま、採血いろいろでした。

次は以前から疑問に思う、薬局と薬剤師、について書こうかな。

医療事故シリーズその4
医療事故というほどではないのですけれど。
コレを読んでいる皆さんは多分若いのであんまり経験ないでしょうけれど、点滴ってありますよね。途中で漏れたって経験あります?結構痛い(らしい)のですが、文句いう方は言われますね。あと、採血何度も失敗された経験とかならどうですか?。まあ、失敗も漏れるのもあなたの血管が細い(悪い)からなんですけど(強気w)、文句言いたい気になるのもよくわかりますよ。皆さんは許してあげてね。

で、他に採血絡みで多いのは神経引っ掛けて手の先に痺れがきたりとか、止血不十分で内出血起こしたりとかですね。痺れは本人の症状しかわからないことなので、訴えがあればそれなりに対応させていただくしかないんですけどね。

最後に一番嫌なのが化学療法の薬(いわゆる抗がん剤など)が漏れたときですね。
ステロイド局注やら軟膏塗布やらいろいろしますけど、自分が処置して漏れると皮膚トラブル悪化しないかドキドキものです。ひどい場合などは組織壊死を起こしますし。
幸い私の周りではひどい状態になったケースはないですけどね。しっかり漏れた時の対応も勉強しておかねばということですね。

最後に医者で結構多い(らしい)のですが採血やら血管確保やらで失敗しても謝りもせず黙々とやり直す方がホントに多いとか。患者として怖いよねなんだかね。
まあ、患者の血管がいかに最悪wだったとしても失敗したら謝ろうw。ね、ドクター。

私は採血(されるほうね)で3度ほど迷走神経反射で倒れたことのある人です。
さすがに最近は倒れることはなくなりましたけどね。いやだよね、採血。
幸い血管も確保しやすいので失敗されることはないんですけれどね、私は。
一度も自分に針が刺さっているのを見たことはないです(だって見ると多分倒れるw)。

ま、痛くない採血の方法(呼吸とあわせる他他)等もあるけど、実際どうなんだろ。
とりあえず一発ゲッチューを目指してますw。
あと、、、痛い採血の仕方なんていうのもある、、、。どうするかは絶対教えない(フフフw)

ま、採血いろいろでした。

次は以前から疑問に思う、薬局と薬剤師、について書こうかな。
医療ねた脱線
最近結構真面目に医療ネタ書いてるまゆこです。
さて、ちょっと聞いてみたいんですけど。
問題提起のみになっちゃうかもしれませんが、(あんまり主張したくないので)

1、最近話題になった宿泊施設の宿泊拒否について
ハンセン病(決して感染しませんが特徴のある風貌になり差別されていた病気)の方や盲導犬を同伴とした目の悪い方の宿泊を拒否したという報道。

2、エデュケーション・リーダー・キャンペーン act against aidsなどのAIDS患者への、いわゆる、正しい知識を身に付けようというイベントを含めた考え。

その他いろいろな差別

医者としてはもちろん正しい知識を持った上で正しく対応しています。
AIDS患者さんも担当したことがありますので(研修のときですけども)

さて、そんなことはおいておいて、一般人として。。。
実際に自分の身近にそういった状況がある場合、、、ほんとのところ皆さんどうなんでしょう?ということです。ほんとに正しい知識の元に対応できますか?

まあ、自分の意見は書きませんけどもね(すみません、やっぱり書けません)



盲導犬ではありません、ありませんが、例えばとして、飼い犬を放し飼いにして、この子はしっかり躾てあるから大丈夫よ~~なんていいながら、犬を近づけようとする人たちに、犬に理由のない恐怖心を持っている私は殺意すら感じます。しつけてあるライオンの檻にでもはいってみて、頭なでてみやがれ!って感じです。

ま、いいたいことはありますが、いいませんよ絶対ね。
なんとなく、みんなどうなんだろうと、ちょっと書くだけ書いて見ました。
おしまい。

医療ねた脱線
最近結構真面目に医療ネタ書いてるまゆこです。
さて、ちょっと聞いてみたいんですけど。
問題提起のみになっちゃうかもしれませんが、(あんまり主張したくないので)

1、最近話題になった宿泊施設の宿泊拒否について
ハンセン病(決して感染しませんが特徴のある風貌になり差別されていた病気)の方や盲導犬を同伴とした目の悪い方の宿泊を拒否したという報道。

2、エデュケーション・リーダー・キャンペーン act against aidsなどのAIDS患者への、いわゆる、正しい知識を身に付けようというイベントを含めた考え。

その他いろいろな差別

医者としてはもちろん正しい知識を持った上で正しく対応しています。
AIDS患者さんも担当したことがありますので(研修のときですけども)

さて、そんなことはおいておいて、一般人として。。。
実際に自分の身近にそういった状況がある場合、、、ほんとのところ皆さんどうなんでしょう?ということです。ほんとに正しい知識の元に対応できますか?

まあ、自分の意見は書きませんけどもね(すみません、やっぱり書けません)



盲導犬ではありません、ありませんが、例えばとして、飼い犬を放し飼いにして、この子はしっかり躾てあるから大丈夫よ~~なんていいながら、犬を近づけようとする人たちに、犬に理由のない恐怖心を持っている私は殺意すら感じます。しつけてあるライオンの檻にでもはいってみて、頭なでてみやがれ!って感じです。

ま、いいたいことはありますが、いいませんよ絶対ね。
なんとなく、みんなどうなんだろうと、ちょっと書くだけ書いて見ました。
おしまい。
医療事故シリーズその3
いろいろな理由で大きな血管を確保する際に使用するCVP(IVH)ルートっていうのがあります。 詳しくは省略しますが、最近血管を突き破って肺に点滴が入った、動脈を突いて出血が止まらなかったなんて 報道が数件されましたよね。手技がどうのこうのといろいろ言われますが、これ、解剖学的に血管がこう走っているからこうやればうまくいくってもので、実際に目で見て入れているわけではないので(説明分かり難いだろうなあ)
うーん、要するにレントゲンなんかで確認したり患者さんのバイタルサインなんかを見て判断するしかないのよねえ。
うーんここまで書いて、、、分かりにくいね。
これやめようかな。

ま、血管とるにせよ、腹水胸水抜くにせよ、髄液採るにせよ、細心の注意が必要ってことねw。 なんかまとまんないよぉ。
あと、研修医のとき、心臓カテーテル検査で血管を突き破るのを透視下で、ホントに見ました。 ありえない方向にカテの尖端がうにょーんと。。。
ま、それからどうなったかはあえていいませんけど。。。

ある程度経験積むと(心カテは専門だけどね)できるようにはなるけれど、やっぱり人の体に針を刺すのって快感、、、いや違う、怖いですねえ。大きなミスはしたことのない私ではありますが、慢心せずにがんばりたいですね。


あと、先輩のベテランの先生が重症で運び込まれた人に頸動脈から血管確保している最中に血圧が下がり(多分抹消血管は取れなかった?)手技によって動脈を傷つけそれが出血の原因となって死につながった可能性があると、司法解剖になったということがありました。(患者の家族がが訴える気マンマンだったこともあり)
幸い動脈は傷ついておらず、原疾患による死因となりましたけど、報告書やら、事故対策からの呼び出しやら、傍から見ていて可愛そうでした。

っていうかさあ、、、
患者助けようと思って頑張ってるのにさあ、、、
それも重症で、緊急で受け入れて、元の疾患の状態も悪いし、言っちゃ悪いが、いつ死んでもおかしくない 位の人をがんばって治療したのに、、、。説明も誠意も問題なかったと思いますよ、このケースは。

医療ミスって言ってもいろいろですよ、ほんと。
こんな患者の家族にあたるとほんとにいやになります、、、ぶっちゃけ。

ほとんどのミスは医療ミスといっていいものだと思いますが、金になると訴える人も結構多いのが最近です。 弁護士が訴えろとたきつける場合もあります。私は医療側の人間なのでどうしても意見は偏りますけど、 どうしようもなかったものを医者のミスだと主張して譲らない方もいらっしゃることは一応知っておいて欲しいです。

ま、これは医者寄りの意見なので、確かに患者さんの力はまだまだ弱いことは確かですけどね。まあ、ぼやきということでご勘弁を。。。

医療事故シリーズその3
いろいろな理由で大きな血管を確保する際に使用するCVP(IVH)ルートっていうのがあります。 詳しくは省略しますが、最近血管を突き破って肺に点滴が入った、動脈を突いて出血が止まらなかったなんて 報道が数件されましたよね。手技がどうのこうのといろいろ言われますが、これ、解剖学的に血管がこう走っているからこうやればうまくいくってもので、実際に目で見て入れているわけではないので(説明分かり難いだろうなあ)
うーん、要するにレントゲンなんかで確認したり患者さんのバイタルサインなんかを見て判断するしかないのよねえ。
うーんここまで書いて、、、分かりにくいね。
これやめようかな。

ま、血管とるにせよ、腹水胸水抜くにせよ、髄液採るにせよ、細心の注意が必要ってことねw。 なんかまとまんないよぉ。
あと、研修医のとき、心臓カテーテル検査で血管を突き破るのを透視下で、ホントに見ました。 ありえない方向にカテの尖端がうにょーんと。。。
ま、それからどうなったかはあえていいませんけど。。。

ある程度経験積むと(心カテは専門だけどね)できるようにはなるけれど、やっぱり人の体に針を刺すのって快感、、、いや違う、怖いですねえ。大きなミスはしたことのない私ではありますが、慢心せずにがんばりたいですね。


あと、先輩のベテランの先生が重症で運び込まれた人に頸動脈から血管確保している最中に血圧が下がり(多分抹消血管は取れなかった?)手技によって動脈を傷つけそれが出血の原因となって死につながった可能性があると、司法解剖になったということがありました。(患者の家族がが訴える気マンマンだったこともあり)
幸い動脈は傷ついておらず、原疾患による死因となりましたけど、報告書やら、事故対策からの呼び出しやら、傍から見ていて可愛そうでした。

っていうかさあ、、、
患者助けようと思って頑張ってるのにさあ、、、
それも重症で、緊急で受け入れて、元の疾患の状態も悪いし、言っちゃ悪いが、いつ死んでもおかしくない 位の人をがんばって治療したのに、、、。説明も誠意も問題なかったと思いますよ、このケースは。

医療ミスって言ってもいろいろですよ、ほんと。
こんな患者の家族にあたるとほんとにいやになります、、、ぶっちゃけ。

ほとんどのミスは医療ミスといっていいものだと思いますが、金になると訴える人も結構多いのが最近です。 弁護士が訴えろとたきつける場合もあります。私は医療側の人間なのでどうしても意見は偏りますけど、 どうしようもなかったものを医者のミスだと主張して譲らない方もいらっしゃることは一応知っておいて欲しいです。

ま、これは医者寄りの意見なので、確かに患者さんの力はまだまだ弱いことは確かですけどね。まあ、ぼやきということでご勘弁を。。。
月の初めのおきまりよw
はじめに
  初めてこの日記よんでくださる方へ。
  3月から書いてますのでよろしかったらはじめから読んでくださいね。
特徴
  真面目な医療サイトは沢山ありますので、面白いかなあって内容しか書いてません。
  病棟日記みたいなのも他に沢山あるので書きません。
  日記じゃなくて毎日更新の医療ネタです。
  真剣な相談は、、、しないでくださいね。
  気が向いたら判る範囲で答えるけどね。
  
これからも応援よろしくお願いいたします。

今日はこれだけ。。。ごめんなちゃい。


月の初めのおきまりよw
はじめに
  初めてこの日記よんでくださる方へ。
  3月から書いてますのでよろしかったらはじめから読んでくださいね。
特徴
  真面目な医療サイトは沢山ありますので、面白いかなあって内容しか書いてません。
  病棟日記みたいなのも他に沢山あるので書きません。
  日記じゃなくて毎日更新の医療ネタです。
  真剣な相談は、、、しないでくださいね。
  気が向いたら判る範囲で答えるけどね。
  
これからも応援よろしくお願いいたします。

今日はこれだけ。。。ごめんなちゃい。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。